ググール

思考実験室

シェアタワーというアイデア

シェアハウスって楽しそうですよね。お金も節約できるし。ところが実際には人間関係のコストが馬鹿みたいに高く、シェアハウス絡みの事件まで起きたりする。

そこで考えた。低階層は商業施設、高階層は居住スペース。なシェアタワー!

「って普通のタワーマンションじゃん!」というツッコミが聞こえてきます。

がそうではない。ざっくり説明する

まず居住スペースはカプセルホテルとまではいかないが3畳程度のほぼ寝るためのスペースだ。そして中間階層にシェアスペースを作る。幾つかの部屋を作ってこの部屋は誰でも使えるようにする。低階層に飲食店、温泉系、クリーニング&洗濯、ネットカフェなどの生活に必要なサービスをメインにする。これらのお店は外部の人も使える。

居住者が得られるメリットは

ほぼ寝るだけのスペースであるため家賃自体は低く抑えられる。これに様々なサービスをオプションにしたり、また割引を受けられる。

シェアスペースと居住を切り分けることで生活における金品や生活品、光熱費のコスト負担などによる問題が回避できる

完全ぼっちが好きだったり、一人でいたい時は部屋にこもればいいし、人といたいなら寝る時間までシェアスペースに行けば良い

あとこういうのは外部の利用も考えると駅そばじゃないと成り立たない気がするのでそれも住む人にはメリットになる。

課題

シェアスペースで色々と問題が起きそう。自治会を発足させても参加する人間は少なそう。

女性と男性で階層とエレベーターをわけないといけない。入り口の時点から分けるくらいの徹底が必要かな。ただそうするとシェアルーム部分はどうするとか問題。これも別にすればいいのかな。

居住エリアの秩序維持、騒音とか匂いとか

どのエリアに関しても住んでれば何かを壊したりというのはあると思うので保険としてのお金を徴収したほうがよい

発想の根っこにあるもの

生活にかかるコストを抑えつつ、人間関係のコストもうまく自分で調整できるのかなっていうのがポイントですね。

ここから先も考えたりしてるけど細かく書くことでもないので、だいたいこんな感じで。あとは面白いと思った読者様に想像のバトンを渡します。普通のマンションに対して部屋数がいくつくらい取れて、家賃をこれくらいにして、テナントからも〜なんて計算するのも楽しいですよ。