ググール

思考実験室

脳味噌はなに味噌が美味しいか

味噌汁美味しいよね。しっかりダシとったやつ飲みたいなぁ。ホッとしたいなぁ。

さて味噌と言っても色々ありますが今日は脳味噌のお話を

脳味噌ってのは右脳味噌とか左脳味噌とか他にもいろんな脳味噌がありますが人が生きていく上で大事なのは中味噌ってやつです。

この中味噌ってやつは原始人みたいな内味噌とみんなと仲良くするのが大好きな外味噌の間に挟まれた味噌でして、内と外のバランスをとるようになっておりやす。

内味噌が強い人は自己中、外味噌が強い人は抑圧されてる。最近ではこの外味噌さんがメリットを追いかけすぎて壊れちまってる人もいるんですが。

内味噌からの要求は腹減ったとか、眠いとか生きていくために必要な欲求が多い。エッチしたいとか、楽しいことをしたいっていうのもここに入ります。

んで外味噌さんは自分はこうであるべき、とかこうしないといけない。そうすることで社会からメリットを得られたり、失うものを少なくするための要求が多いです。

問題はこの内味噌と外味噌には決める力がない。決めるのは中味噌さんの仕事になる。みなさんは中味噌さんを意識できてますか?

意識できてない人は中味噌さんが中間管理職の課長のように外味噌と内味噌の間で板挟みになって疲れ切って、どちらか要求の強い方に擦り寄ってバランスが崩れてしまう。

意識できてる人は2つの脳を上手くコントロールして力を出させるリーダーとして中味噌さんを使います。

内味噌さんは強烈な力を持ってらっしゃる。上手に欲求を満たしてあげながらその力を活かしてあげましょう。外味噌さんは手に入るものと失うものに敏感です。報告を受けたらよく考えてから決断をすると良さそうです。

さて明日のネタは「マスオが語る、婿養子として生きていく三つの心得」です。ウソです。おやすみなさい。