ぐぐーる

あなたらしい楽しさと幸せを

ひとの作ったタイトルで遊んでみる

どーも、ぐぐーるです。

今日はひとのタイトルをネタに遊んでみるです。実はツイッターに投げてたやつをまとめるだけの簡単なお仕事。のはず。

んではお題。

ありきたりな「無印で買うべきアイテム100選」はもう参考に要らない→雑貨メーカー勤務の会社員が選ぶマジでおすすめな商品 - Togetter

タイトル長い。”勤務の会社員” のあたりで寝てしまうひとが出てくる。

まずはざっくり削る。

「ありきたりな」ありきたりってことは世の中に溢れてるってこと。後に続く「無印で買うべきアイテム100選」この表現がありきたりだとすればみんなこれを見ればわかるよね。ってことでカット。

「もう参考にならない」打ち間違いは直してるよ。これね参考にならないってことは「役に立たない」とか「もう古い」とかでいいよね。今回は「もう古い」にしてみる。

「雑貨メーカー勤務の会社員」って「雑貨メーカー社員」で伝わるよね。

「選ぶマジでおすすめな商品」おすすめなんだから選んだものだよね。だから「選ぶ」もいらない。

んでこんな感じ

変更前

ありきたりな「無印で買うべきアイテム100選」はもう参考に要らない→雑貨メーカー勤務の会社員が選ぶマジでおすすめな商品 - Togetter

変更後

「無印で買うべきアイテム○○選」はもう古い→雑貨メーカー社員のマジでおすすめな商品 - Togetter

だいぶスッキリした。もう古いは別の言い回しでも良さそうだね。もっとガッツリ削ってみるとこんな感じ。

「無印○○選」はもう古い→雑貨メーカー社員のおすすめ商品

これでも伝わる。でも削るだけじゃ楽しくない。次は意味は変えずに書き換えてみる。

  • 雑貨メーカー社員のおすすめ商品は「無印で買うべきアイテム◯◯選」を越えていく!
  • 雑貨メーカー社員のおすすめアイテムが原因で無印離れが(加速する|深刻だ)
  • 雑貨メーカー社員のおすすめアイテムで捗りすぎワロタ。無印とかイラネ
  • 「無印で買うべきアイテム◯◯選」を光の速さで置き去りに。雑貨メーカー社員のおすすめアイテムがヤバイ
  • まだ無印で買ってるの?時代は雑貨メーカー社員のおすすめアイテム

面白いタイトルにはなるけど、雑貨メーカーって引きが弱いんだよね。雑貨が好きな人は興味を持ってくれるだろうけど、無印のほうが名前を知ってる人が多いからね。雑記のブログなら読者の広さも考えると無印のほうがいい。普段から雑貨について書いているなら雑貨メーカーでもいいね。

うん、楽しかった。そして自分の語彙力のなさに愕然とするも楽しめた。

ってことで今日はこのへんで

広告を非表示にする