ぐぐーる

あなたらしい楽しさと幸せを

【創作】女たちの昼下がり

ふたりは公園のベンチに並んで座り話していた。

A子「若いってうらやましい、ニコニコしてるだけであんなにちやほやされて」

B美「言ってることがおばさんくさいぞ」

A子「みなさいよあれ、みんなデレっとした顔しちゃって」

B美「まあ、たしかにね」

A子「あたしも10年前はあんな風にちやほやされてたのよ」

B美「ふーん」

A子「それが今じゃ、誰もかまってくれない」

B美「あたしがいるじゃん」

A子「さっきだって、男どもったらCの周りに群がっちゃってさ」

B美「そりゃ、仕方ないよ。あの子は童顔でぶりっ子だもん、男は放っておかないって」

A子「あんなぶりぶりのぶりっこなにがいいのかねぇ」

B美「そういえば、あんた最近G君のことチラチラ見てるよね」

A子「はっ?見てないし」

B美「わかりやすいねぇ、顔、赤いよ。もう6年の付き合いだよ、あんたとは」

B美「あんた、気づいてないみたいだけど、Gもあんたのこと見てるよ」

A子「・・・・・・・!」

B美『うはは、耳まで真っ赤になってる、かわゆいねぇ」

A子「もう!からかわないでよ!」

A子「あたし、帰る!」

A子は立ち上がるとカバンを背負って走り出した。

A子「あとでー、塾でねー」

B美「ほーい」

A子は途中で立ち止まるとベビーカーを覗き込んで、デレっとしていた。

広告を非表示にする